スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ものさし

2008年05月18日 09:47

「考え」とは自分が見たり聞いたり体験したりした過去の自分の中の引き出しから、いろんなものを総合して一つの考えというものを生み出す気がする

無から何かを生み出すというのはかなり難しいと思う

例えば日本のある地域に生まれた時からずっと住んでいて、他国他地域の情報が何も入らなかったら、その自分の住んでるとこのすごいいいところ、あんまよくないとこが分かりにくいだろう

他を知らないから何がよくて何がよくないかが判断出来ない

判断したり考えたりするには「ものさし」が必要だと思う

小中学生の時はほとんど同じ地域で育った人ばかりでみんな共通事項の多いものさしを持ってるからいいが、大人になるにつれて様々なバックグラウンドを持った人と接する機会が爆発的に増える

その時自分のものさしで相手を計れないケースなんてたくさんある


よく相手の立場になって考えてというが、ものさしがなければ相手の立場の考えなんて分からないと思う

まぁ~この場合自分の持ってるものさしの範囲内でという意味だとは思いますが


大人の人達はだから子供に向かっていろいろ遊んどけよとか、今のうちにいろいろ経験しとけよと言う
言葉の中には少し「ものさしはたくさんあるに越したことはないよ」
そんな意味も含まれてるのではないのかな?と思いました

あと3年まだ社会人になるまで時間があるといえばあるので、なるべく自分が行ったことのない場所、経験したことがないものを積極的にして少しでもものさしを増やせればいいなと思います

ちなみに昨日今日とピラティスのインストラクターを目指す人達に指導補助的な指導をしてます

本来は復習として一参加者として来たのですが成り行きで指導のお手伝い
でも一般の人、アスリートとは違う指導の進め方、声のかけ方を勉強出来貴重な経験です

また一つものさしが増えました

10時から昨日に引き続き指導補助です

頑張ります

心に響いた一言

【百聞百見は一験に如かず】
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。