スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頭→口→手

2008年05月21日 16:44

今日読んでた本に大学の時に講演で聞いたことと同じような内容がかかれていた


「人間っていうのは頭で考えてる半分も口に出してしゃべれず、頭で考えてる10分の1も書くことが出来ない」


そんな極端に減るんだ~と当時思ったがこれの見方を変えれば、書くことがしっかり出来れば、第三者などに自分の考えを伝えることが出来やすくなるということ


確かに書くことでその字を客観的に見れて、今自分はこんなことを考えてるんだと、より考えを深く理解することが出来る


ブログを書き始めたのは最近だけど、大学3年から今日まで毎日欠かさず日記のようなものを書いていた


手帳の1日分のスペースの中にある8行の空欄


その日感じたどんな些細なことでも毎日8行分書き留めていた


それをし始めてから自分の考えてることが明確になっていき、今自分は何をしたいのか、何をすることが優先順位が高いのか、この相手にはどんなことを伝えたいのか、が以前よりはスムーズになった気がしてた


結局この世の中人と人の繋がりで成り立っている

見る人見られる人

話す人聞く人

治療をする人される人

物を売る人買う人

笑わせる人笑う人

などなど


人と人の間には多かれ少なかれコミュニケーションは存在する

ならコミュニケーション能力は高ければ高い方がいい

そしてそんな能力を上げる手段として「書くこと」が有効だと身を持って実感中です


ブログとか自分の考えを他人に見られるのに抵抗がある人

手帳の数行日記お勧めです(^0^)/


心に響いた言葉

【あなたが、希望、ビジョン、豊かさの話をすれば、あなたの人生は喜びと豊かさに満たされることになる】
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。