スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空気

2008年05月25日 01:07

空気≒その場の流れ


今日はバレーの日本代表の6試合目が行われてました

結果だけ見れば勝ったのでよかったのだけど、気になったのはセット数1対2で負けていての4セット目

このセットを落としたら負けという大事なセット


途中9対12で3点ビハインド

会場は負けちゃう?みたいな<空気>

応援もなんかヤバイんじゃない?みたいな<空気>


たった3点差なのに空気ってのは恐ろしいパワーを発揮してネガティブなオーラを充満させてくる

しかし今年の柳本ジャパンの選手は、メンタル面も強く3連続ポイントで同点に


するとさっきまで敗戦しちゃうかもムードが漂ってたのに、一気に会場はイケイケムードに↑

そして4セット目5セット目と連続で取り勝利をもぎ取った

あの3点ビハインドの時の選手の強さはすごかったと思う

あの空気を180度変えたのは今までの代表になかったパワーだと思った


それと同時に改めて<空気>の大事さを痛感した


指導者、教師、上司…


人の上に立つポジションの人の場合、この空気をどこまで操れるかっていうのはかなり大事


メンタルが一瞬でもネガティブな気持ちを持ってしまったら、それを回復させるのに一万倍のポジティブな気持ちを持たないといけないと心理学のデータがあると聞いたことがある


空気…目には見えないけどかなり重要

だてに以前KY(空気読めない)という言葉が流行してない


ちなみに今年の新入社員1000人にアンケートをして、社会で生きてく上で必要とされる能力は何ですか?の質問に対しての答えが【洞察力】でした

ようは場の空気を読む力ってことですね

今の世の中を象徴するような答えでした

将来指導をする側の人間になった時、ネガティブな考えを持たせずポジティブで楽しい空気を作れる人間にならないといけないなと思ったバレーの試合のひとコマでした


心に響いた一言

【諦めたらそこで試合終了ですよ】
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。