スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

動物園

2008年06月17日 22:24

動物園の中で飼われてる動物 サバンナの大自然の中で生きている動物


「動物」と言ってしまえば同じだが両者の決定的な違いは…


「守られていること」


いくら何かに威嚇する態度を取ったり、夏の暑さにだらけたりしても、それは根底に守られてるという前提条件の元成り立ち出来ること


檻があるから天敵・外敵はやってこないし、狩りや食料探しをしなくても人間が餌を運んでくれる


しかしサバンナを生きる動物は自分の身を守らなければいけない、食料を確保しなければいけない

なぜなら守られてないから自分の行動が全て自分に反ってくる

その中で揉まれた結果種を残すように発達した部位があったり習性ってのが生まれたんだと思う


動物園の守られてる中にいたら危機感やハングリー精神は中々生まれないだろう


動物園にいた動物たちがいきなりサバンナに出たらそれは必死になるだろう

必死にならないと生きていけないのだから、そんな環境に身を置くことで進化や成長ってのが出来てきたんだと思う


つまり何が言いたいか…学生とか自宅暮らしとかバイトってのはいろんなもんに守られてる


まさに動物園


動物園からどんなにサバンナのことを想像してもそれはあくまで想像

1回サバンナに出たら自分はいろんなもんに守られてたことを身に染みて分かると思う


心地良い動物園に居続けるか、勇気を出してサバンナに出るかは自分次第


今日とりあえず動物園の檻を開けてみました


サバンナとはどんな世界なんでしょう


ワクワク半分ドキドキ半分って感じです


心に響いた一言

【自己満足に陥らない者は成長する 自分の考えが正しいという確信を持てない者のほうが、多くのことを学ぶ】
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。