スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国語力

2008年06月23日 01:41

国語力とは物事を正しく読みとる力のことだとある人が説明していた


表面だけではなく、その奥に隠されたり、省略されたりするメッセージを正しく読めるか

例えば

Aさんは
・勉強や仕事は10が区切りのいいとこまでなら、10までやりきって終わるのではなく【10.1】までやって終えるのがよい

Bさんは
・1日【30秒】でいいから毎日勉強なり仕事をし続けるのが大事


この2つの事柄に共通し、隠された、省略されてるメッセージとは…???






2つの奥にあるもの




それは



【勉強でも仕事でもさぁー始めるぞっていうスタート時に1番エネルギーを使うということ】

なのでいかに最初にエネルギーを使わない工夫が出来るかということです

やりきらずちょっとだけ次に食い込んで終わることで、新しく始めるのではなく、続きをやるという意識にしスタート時のエネルギーを少なくすると説明するAさん


30秒やれば今日の分は終われると気を楽に持つことで、さぁっと始められると説明するBさん


30秒と言っても案外やり始めちゃえばそんなに疲れず結構出来たりもする

ホントにやる気がなければ30秒でやめればいい


同じことをこの2人は違うニュアンスで伝えてるんではないのかと思った


正しく読めたのかは分からないけど、正しく読もうとするには【なんで?】と思うことから始まる


いろんなことになんで?を連続していくとあっ!っていう発見もあったりする


正しく読む≒なんで?≒考える

学校で国語を勉強するには正しく読む力を習得する、こんな意味も含まれてるんだろうか…

国語を義務教育で9年も勉強するのには読み書き以外にも深い意味がありそうだ


そういえば最近いろいろと考える機会が増え、考えることが癖になってから体重が減ってます↓

きっと考えるってすごい消費カロリーなんだろう


脳を使う考えダイエットこれから流行るかも(笑)


心に響いた一言

【表から見える慎重を裏から見ての不決断という】
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。