スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トレーナーが出来ること

2008年07月12日 13:10

昨日50~60歳代の男性の運動指導をしました


その男性は水泳がメインで肩の動き(可動域)を改善して泳ぎ易い身体にしたいとのこと


ならまずは肩の柔軟性を向上させようと簡単なエクササイズを提案


別に小難しいことではなく、本格的なことでもなく、ごく簡単なもの


すると肩をまわしたら


「すごい動く!!」


と目をキラキラしながら感動してもらえた


その後プールに行って泳ぎ終わった後会えたので


「いつもと泳ぎ違いましたか?」


と尋ねたら


「すごい泳ぎやすかった!あれ教えてもらったの毎回やるから!ありがとう」


とすごい喜んでもらえた


ホントに技術的にはたいしたことはしていない



トレーナーならホントに誰でも出来そうなこと


でもそれが昨日のあの人にとってはとても喜ばれることだった


ほとんどの職業に言えると思うけどどんなに勉強しても終わりはない


日々勉強だしトレーナー業界なんてその極み


日本ではまだまたパーソナルトレーナーとか認知度は低いかもしれないけど、改めて自分達の目指していることは世間にとって喜ばれる仕事なんだとまた思わせてもらえる運動指導でした





ありがとうございます






心に響いた一言

【出来ることが多いのが良くて少ないのが悪いのではない 自分が出来ることを一生懸命にやることが重要なんだ】
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。