スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メッセージ

2008年08月01日 08:12

映画を見るのが好きです


大学時代は時間はたっぷりあったので、月一くらいで映画館に足を運んでいました

映画は監督、作者などの何かを伝えたいというメッセージが込められ、それを具現化したものだと認識してます


なのでストーリーはもちろん、この映画は何を伝えたいのか、奥に秘められてる本質を考えながら見ます


もちろん答えをはっきりと言ってくれるわけではないので、監督のメッセージに気付く映画もあれば、監督の意図するとこと違う部分にメッセージ性を感じることだってあります


メッセージが単純だと見やすいとか分かりやすいと評判がたち、メッセージが深く難しい映画はよくわからないとなります


ちょっと前ではゲド戦記が後者にあたります


見たわけではないので何とも言えませんが、あれはかなりよくわからないという意見が多かった気がします


きっとメッセージが深く難しい表現をしたんだと思います


あと1回目はよく分からず何となくいい映画っていうのが、何年かたって2回目見たとき全く違う印象を受けたりすることもあります


自分は踊る大捜査線Ⅱは大分印象が違うように感じました


同じ内容なのに


ちなみに昨日見た映画は1本はすんなり自分の中に入ってきて、もう1本はメッセージがよくわからなかった…f^_^;


何年後かにまた見たら今日感じなかったものが感じるようになるかな


その変化も映画の楽しみの一つです



目に見える表面だけのストーリーを楽しむだけでなく、そこから何を伝えたいかを考えると映画もいろんな見え方になりおもしろいです



心に響いた一言

【物事の本質を見極めろ】
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。