スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引退

2008年11月09日 12:27

体操王国日本を復活させる立役者となった、冨田選手が先日、今年限りで引退することを表明した


今でもアテネ五輪で28年振りの団体金メダルを獲得した、最後の鉄棒の演技は鮮明に覚えてる



NHKアナウンサーの『伸身の描く放物線は栄光への懸け橋だ!!』と言った後に着地を完璧に決めての金メダル


感動という2文字では言い表せない感情に襲われた


そしてその試合もきっかけになり、翌年大学での器械体操部のトレーナーをスタートした



初めての全日本選手権でトレーナーとしてフロアに立たせてもらった時、冨田選手が隣にいた衝撃は忘れられない







あの腕…人間じゃないf^_^;


ポンデリングみたいに筋肉が隆々となっていた(笑)


腕はびっくりしたけど小さい頃から体操一筋でやってきて、世界の頂点にたった男からはただならぬオーラを感じた



そして同じく世界であん馬の世界チャンプになった鹿島選手も今年で引退


2人とも北京の団体メンバーだ


日体大の内村選手が個人総合で銀メダルを取り、冨田鹿島が取れなかった…なんだかバトンタッチが行われたような結果になった


でもこうやって時代というのは築かれていくんだな~と何か感慨深い気持ちになる


冨田選手ホントにお疲れ様でした


これからは指導者として第二第三の冨田を育てて下さい↑



ただそんな冨田選手や内村選手を、来週の土日に開かれる世界大会IN豊田のスカイホールで見ることが出来ます


生で演技を見れるラストチャンス


お近くの方は是非♪


心に響いた言葉

【ありがとう】


□■自分トレーニング日記■□

バランスボールを使った体幹トレーニング

お酒を使った肝臓トレーニング(笑)
スポンサーサイト


最近の記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。