スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あるお坊さんのお話~心のトレーニング~

2010年03月05日 23:05

小さい時から頭の勉強はたくさんしてきた、というかする仕組みになってた


学校での教育は大体頭のトレーニング


身体のトレーニングも体育という名目でやってきた


ただ心のトレーニングはどうだろうか?


あんまり意識して行ってきた記憶はない


日本の教育は結構頭とか身体の教育には時間とお金をかけるのに、心には余り比重をおかず、各自、各家庭任せ的なとこがある気がする


子供たちの中には心の問題が原因で、様々な悩みで苦しんでる人がいる


ところが具体的解決策が見当たらないから、やれ学校が悪い、先生が、友達が、家庭がと他を非難するばかり


これでは何の解決にもならない


そんな悩める子供を助けるのが使命だというお坊さんが、専門学校の特別講演会の講師で来た


講演会を聞くまではあまり宗教とか、お坊さんの話とかよく分からないと決め付けてたけど、お坊さんの圧倒的なパワーに驚いた


お坊さんは全国の悩める子供たちが自立出来るよう自分の寺で子供たちを預かってるらしい


子供たちからは1円ももらってなく、1人でも多くの子供が元気でここを巣立ってくれればそれでいい


そんな想いからずっと続けているらしい


『世の中に貢献したい』


『子供たちに明るい未来を歩んで欲しい』


自分の利益ではなく本気で覚悟を持って具体的に活動してるお坊さんに心打たれた…


他人であるお坊さんがあんなに親身になり本気になれるんだったら、是非家族、先生、友達ももっと本気でその問題にぶつかれば何かしらの解決策は見つかるのではないかと思った





無関心





これこそが1番心を成長させない因子なのではないかと、講演を聞いて感じた


岡崎にあるお寺らしいですが、今も1000人以上の子供がお寺に入るキャンセル待ちの状態らしい(さすがに定員は決まってるみたいなので)


とてもとても深い講演ありがとうございました


心に響いた一言

【この世は、問題が起こった時、それに立ち向かうために用意された場所。一番いけないのは、何もしないこと、何も知ろうとしないこと。リスクを避ける生き方は、実はリスクを背負うのだ。】
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://001wat0sh1k1.blog25.fc2.com/tb.php/299-46078edd
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。