スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メビウスの輪

2008年06月29日 00:02

携帯で見てる人今日もスクロールしまくりで親指大活躍ですf^_^;



メビウスの輪


表だと思ってたとこがいつの間にか裏になったり、裏だと思ってたとこが表だったりと不思議な形をした輪のことです



表とか裏とか別々のニュアンスで捉えがちですが、裏という概念が存在するから表という概念が存在する、またその逆もしかり



だから表裏一体という言葉が存在している




この考えは長所と短所でも言えると思う




例えば「短気である」



このフレーズを聞いたら大体の人が短所と感じると思うんですが





視点を変えたら?






「自分の感情がはっきりとすぐ表せる」



とか?




これに限らず自分では長所だと思ってたとこが、実は他人から見ると短所だったり、逆に短所だと思ってたとこが以外にまわりから見ると長所だったりということもありえる



なので長所と短所も以外とメビウスの輪のように繋がってるんだと思う



じゃあそれをどうやって確認するか?



100万部売れドラマ化も決まってる本【夢をかなえるゾウ】にも書いてありましたが、自分の長所、短所を他人に聞くことが夢をかなえるために必要だと書いてます



この【他人に聞く】ってのがみそですね



自己評価と他人から見られる評価が一緒だったら、その長所などを再確認でき自信に繋がるだろうし、自分では認識してないことを言われれば新たな自己発見に繋がり、また逆のパターンでも、自分と相手が合致すればやっぱ改善した方がいいかーと改めて思ったり、自分では認識してなくて、他の人から改善した方がいいんじゃないと見られてるなんて初めて知ったら直さなきゃと新しい発見もある



他人に自分の長所短所を聞くってのは恥ずかしかったり凹んだりするかもしれないけど、すごい大事なことだと実感しました



やるじゃんガネーシャ(本の中に出てくる象の姿をした関西弁の神様)



世の中いろんなものが表裏一体になってると思うので、表に見える部分だけではなく、表と思わせる裏の部分まで見ようとすると視野も広がり考え方もいい意味で変わるような気がしますね



やるじゃんガネーシャ♪

今日も長い…最後まで読んでくれた人ありがとうございます(笑)


心に響いた一言

【美はあらゆる所にある 我々の眼がそれを認め得ないだけだ】
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://001wat0sh1k1.blog25.fc2.com/tb.php/32-f33bd5a1
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。