スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳梗塞に対する鍼の驚くべき効果

2010年04月07日 23:02

脳梗塞…脳を栄養する動脈の閉塞、または狭窄のため、脳虚血を来たし、脳組織が酸素、または栄養の不足のため壊死、または壊死に近い状態になる事をいう
(ざっくり言うと脳の血管がつまり酸欠状態って感じ)


これにより、脳の言葉関係の場所がダメージを受ければ言語障害をきたし


運動系の場所がダメージを受ければ身体に痺れが出たりする


今日の治療院実習では、3日前に脳梗塞で倒れたというおじいちゃんを担当した


元気な時に一度担当してた人だったんで、明らかにしゃべりにくそうで、身体の左側が痺れてるらしく、歩き方が変だった


それを見て、よし、じゃあ俺が治したる!なんて腕はまだないので、すぐ監督の先生にヘルプ(-.-;)


そしたらその先生は手と足の指先にプスプスと鍼を差し出した


ちょっと変わった手技も見れて


約10分後…


先生『どう?喋りやすくなっとらん?』


患者さん『あっ、喉のつまりないかも』


!?!?


ビフォーアフターを聞いてた自分が1番驚いたw(゚o゚)w


全然喋り方がちゃう!!


鍼打ったの指先なのに何で??


その後先生から東洋医学の理論を聞き、言ってる意味は分かったけど…ん~すごいf^_^;


でも患者さんにとって西洋だろうが、東洋だろうが治ったり、楽になればいいんだもんな~


鍼灸師になるつもりはないけど、うまく自分のトレーナーというベースに【鍼灸】という考えを改めて混ぜてみたいと思った1日でした


それには日々勉強ですね~


二刀流トレーナーの闘いの日々は続く…


心に響いた一言

【エキスパートとは、ごく限られた分野で、ありとあらゆる間違いをすべて経験した人物である。】


☆指導者勉強会のお知らせ☆

★『nanoピラティス養成・基礎コース開催!』受講者随時受付中!★

(特徴)
☆マンツーマンだから内容が自分の習得度や要望に合わせらる。
☆マンツーマンだから、時間の都合が付けやすい。
☆ピラティスエクササイズの活用方法が身に付きます。

(主な対象者)
・ピラティスを基礎から本質的に学びたい人
・即実践で使えるピラティスの技術を学びたい人
・資格は取得したけれど、解剖学的視点でのアプローチ等、
もう1つ上のレベルの指導方法を会得したい人
・ピラティスの要素を取り入れたいトレーナーの方々
など。

様々な要望に応えるための
実践的な内容のnanoピラティストレーナー養成コースです。
ご興味のある方はまずは、下記HPをご確認ください!

http://www.nanokukan.com/pilates-yosei.html
(お問い合わせ先)
ピラティススタジオnano
電話:052-231-0344
メール:piiates_studio_nano@ybb.ne.jp
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://001wat0sh1k1.blog25.fc2.com/tb.php/320-5078fac0
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。