スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピラティスの由来は実は負傷者へのリハビリから来ているんです

2010年04月15日 23:05

ピラティスは元はリハビリからきたものってご存知でしたか?


ヨガはどっちかというと【修業】からきていると言われてます
(たしか…)


だから結構東洋医学というか精神面にアプローチすることが多々あります


しかしヨガと混合されるピラティスですが、ピラティスは【リハビリ】から生まれてるんです


しっかりと医学的エビデンス(証拠、論文など)の元に成り立ってます
※ヨガには医学的エビデンスがないわけではもちろんないですが、ピラティスはより医療的という意味です


なのでピラティスは本来フィットネスクラブだけでなく、もっと整形外科などの病院で活用されるべきものだと自分は思っています


そんな想いの中、今日は整形外科のリハビリ室でリハビリの先生にピラティスをやる機会がありました


60分のピラティスレッスン



受けた先生の感想は…



『ピラティスやばいね!!』


の連呼(笑)


余程しっくりきたのか、相当ベタ褒めして頂きましたf^_^;


身体の知識もあり、運動をしてて体内感覚も優れてる方だったので、60分での変化が如実に体感されたみたいです☆


その結果が


『ピラティスやばいね!!』


具体的には

・呼吸の楽に出来る感じ


・背筋が自然と伸びる感じからの姿勢の安定


・肩、股関節の動かしやすさ


などたくさん体感してもらいました



終わった後も

『あの動きはあの筋肉が…』

『この動きって骨の動き考えると…』

『ということは神経への圧迫が…』



など解剖学視点からの感想もたくさんもらいました(笑)


それも込みで


『ピラティスやばいね!!』



だそうです(笑)


でも改めてピラティスは病院の先生から見てもとても有効なものであると自信がついた1日でした(^0^)/


いつかピラティスにも医療保険が適応する時代がくるかも!?


心に響いた一言

【もし「そのうちに」やりたいことがあれば、今、そう今の今やりなさい。】


☆指導者勉強会のお知らせ☆

★『nanoピラティス養成・基礎コース開催!』受講者随時受付中!★

(特徴)
☆マンツーマンだから内容が自分の習得度や要望に合わせらる。
☆マンツーマンだから、時間の都合が付けやすい。
☆ピラティスエクササイズの活用方法が身に付きます。

(主な対象者)
・ピラティスを基礎から本質的に学びたい人
・即実践で使えるピラティスの技術を学びたい人
・資格は取得したけれど、解剖学的視点でのアプローチ等、
もう1つ上のレベルの指導方法を会得したい人
・ピラティスの要素を取り入れたいトレーナーの方々
など。

様々な要望に応えるための
実践的な内容のnanoピラティストレーナー養成コースです。
ご興味のある方はまずは、下記HPをご確認ください!

http://www.nanokukan.com/pilates-yosei.html
(お問い合わせ先)
ピラティススタジオnano
電話:052-231-0344
メール:piiates_studio_nano@ybb.ne.jp
スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://001wat0sh1k1.blog25.fc2.com/tb.php/324-b954c6bc
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。